甲状腺機能低下症

甲状腺ではホルモンを作ります。

甲状腺ホルモンは活動性を高めるホルモンで

主に “やる気” に関与しています。

甲状腺が炎症や萎縮によって機能が低下すると

甲状腺ホルモンが少なくなり、

甲状腺機能低下症となります。

無気力、よく寝る、元気がない、

湿疹や脱毛といった皮膚症状などを起こします。

診断はT4、fT4、TSHといった

ホルモンの測定により行います。

中高齢の犬に多い病気ですので、

健康診断でホルモンを測定することも

非常に有用です。

 

甲状腺機能低下症/T4/fT4/TSH/かく動物病院/京都府京都市左京区

 

8月12日(日)~15日(水)午前まで休診

8/12(日)~15(水)午前まで

休診いたします。

8/11(土)は午前中診察します。

7月23日午後 臨時休診

7月23日(月)の午後の診察は

臨時休診いたします。

アジソン病

アジソン病は副腎皮質ホルモンの分泌が

低下する病気です。

副腎皮質ホルモンにはグルココルチコイドと

ミネラルコルチコイドがあり、

これらのホルモンが低下することによる

症状を示します。

猫ではほとんど見られず、犬に多い病気で、

食欲不振やしばしば元気がなくなる、

嘔吐や下痢といった症状がありますが、

特異的ではなくさまざまな症状があり、

特にストレス下にてコルチコイドの

要求量が上がった際に症状を示します。

血液検査では低ナトリウム、高カリウムや

低血糖が起きますが、実際には正常値である

ことも多く、ACTH刺激試験による

コルチゾールを測定しないと

診断できないことが多いです。

診断された場合は一生コルチコイドの投与が

必要ですので薬を切らさないようにしてください。

 

アジソン病/ACTH刺激試験/副腎/かく動物病院/京都府京都市左京区

 

 

検便(糞便検査)の重要性

今回は糞便検査の話。

検便というと「寄生虫」を

調べる検査というイメージですが

実際にはそれ以外に多くの情報があります。

肉眼的な色や臭いや硬さの確認から、

顕微鏡によるタンパク質、糖、脂肪

などの消化状態の確認、

細菌のチェックにより、通常検出されない

ラセン菌や芽胞菌がでていないかなど

たくさんのことが確認できます。

仔犬、仔猫の時には寄生虫がいることが

多くありますので、何度か検便する必要が

ありますし、大人になってからも

吐いたり、下痢したりといった胃腸症状が

ある場合は、必ず検便をすることが

重要ですので、診察の際に便をご持参

いただくことをおススメいたします。

 

 

検便/糞便検査/寄生虫/消化器症状/らせん菌/芽胞菌/かく動物病院/京都府京都市左京区

お役立ちサイト

京都夜間動物救急センター

http://kyoto99.net/

image

京都夜間どうぶつ診療所

http://nac-kyoto.com/

tel1

ペット保険「アニコム損害保険」

https://www.anicom-sompo.co.jp/

ogp

ペット保険「アイペット損保」

https://www.ipet-ins.com/

224-01-728x361

大阪府立大学獣医臨床センター

http://www.vet.osakafu-u.ac.jp/hospital/

main_img01

京都市獣医師会

http://www.kyoto-shiju.or.jp/

京都市動物愛護センター

http://kyoto-ani-love.com/

カルーペット

bn_caloopet_260202

 

 

 

 

鉤虫症

今回は鉤虫症について。

犬、猫の消化管内に寄生する

寄生虫で感染すると胃腸症状や

痩せるといった症状がでることが

あります。

感染は親から胎盤や乳汁によって

感染しますが、虫がいる土から

口や皮膚を介して感染することも・・・。

糞便中に卵を排出し、土壌内で成長して

環境中から何度も感染を

繰り返すこともあります。

実際には寄生していてもほとんど

無症状ということもありますので、

定期的な検便や定期的な虫下しを

おすすめしています。

 

寄生虫/鉤虫/胃腸症状/かく動物病院/京都府京都市左京区

5月3日~6日休診

5/3(木)~6(日)は休診します。

4/30(月)は午後診察、

5/1(火)2(水)は通常通り

診察いたします。

フィラリア予防は5月から

フィラリア予防のシーズンが始まります。

期間は5~12月です。

フィラリアの薬は体に入って一カ月の

虫を駆虫する虫下しですので、

蚊がいる期間より一カ月ずれます。

また猫にもフィラリアが感染することが

確認されています。

猫に感染する犬よりも重篤な

呼吸器症状や突然死などがあるため

猫にもフィラリア予防を行うことを

おススメしています。

Broadline2

一カ月に一回、背中に付けるお薬で

フィラリア、ノミ、マダニ、お腹の寄生虫を

予防できるお薬です。

 

フィラリア/猫フィラリア/ブロードライン/かく動物病院/京都府京都市左京区

2018年度狂犬病予防注射スタート

3月より2018年度の

狂犬病予防接種が始まりました。

京都市からのおハガキをお持ちになり

ご来院ください。

今年度から集合注射の会場数が

減少になります。

 

狂犬病/予防注射/犬/かく動物病院/京都府京都市左京区