猫カリシウイルス感染症

今回は猫ちゃんのワクチンに

入っている病気のひとつである

“猫カリシウイルス感染症” について。

猫カリシウイルスは、ウイルスに罹っている猫から

飛沫感染によって感染します。

感染すると、咳やくしゃみ、鼻水といった

風邪のような症状や、ひどくなると

発熱、口内炎、舌炎などの症状を起こし、

肺炎になったりと命に関わることもあります。

ヘルペスウイルスや他の細菌と

混合感染を起こすこともあり、

症状が重篤化したり、一度感染すると、

回復後にもウイルスを排出し、

感染源になってしまうこともありますので、

しっかりワクチン接種することが重要です。

 

 

カリシウイルス感染症/猫/ワクチン/かく動物病院/京都府京都市左京区

 

2016年度狂犬病予防注射

二月で2016年度狂犬病の

予防注射が終了し、三月から

2017年度がスタートします。

2016年の注射がお済でない方は

お早めにご来院ください。

 

狂犬病/予防注射/かく動物病院/京都府京都市左京区

2月11日(祝・土)は午前診察

2月11日の祝日は土曜日のため

通常通り午前中に診察いたします。

よろしくお願いします。

冬場のマダニ予防

5月から12月までのフィラリア予防の

シーズンが終了し、それと同時に

ノミ・マダニ予防も終わりにされている方が

多いと思いますが、最近冬場の

マダニ被害が増えています。

マダニは普段、鹿やイノシシなどの

野生動物に寄生しています。

京都市内では現在、鹿が増えており、

住宅地に降りてきているため、

マダニが増えていると考えられています。

また越冬したマダニは3月になると

脱皮、産卵のため一気に活動的になるので

冬場も油断せずにマダニ予防をおすすめします。

フロントライン以外におやつタイプの

ネクスガードもありますので、

投薬も簡単です。

ネクスガード

 

 

マダニ/ネクスガード/かく動物病院/京都府京都市左京区

ゲストティーチャーに行ってきました。

今日は小学校1年生の生活科の

授業によるゲストティーチャーに

行ってきました。

ウサギとのふれあいや、ウサギの質問コーナー、

聴診器で人とウサギの心臓の音の違いを聞いたりなど

子供たちもすごく楽しそうでした。

命の大切さや動物を大事にする心が

養われるといいですね。

 

ゲストティーチャー/かく動物病院/京都府京都市左京区

12月31日(土)~1月4日(水)午前まで休診

年末年始の休診のお知らせ。

12/31(土)~1/4(水)午前まで

休診いたします。

また1月9日(月・祝)

1月10日(火)午前

は臨時休診とします。

よろしくお願いします。

膀胱結石のフード管理2

今回は膀胱結石のシュウ酸カルシウムの

フード管理について。

シュウ酸カルシウムは前回紹介した

ストルバイト結石についで多い結石で

ストルバイト結石とは逆に

尿が酸性の際に産生されます。

ストルバイト結石とは違い、一度産生

されると小さくなることはなく、

治療するには手術が必要になります。

フード管理には尿をアルカリ性にする

u/dを給餌します。

hill-s-prescription-diet-u-d-canine-hilc44

シュウ酸カルシウムはなかなか

コントロールが難しく、しっかり

フード管理されていても再発することが

多いので定期的に尿検査や超音波検査を

行うことが必要です。

一度ストルバイトが出たから

ストルバイト用の食事を安易に

続けていることにより

シュウ酸カルシウムができてしまう

といったこともありますので、

結石予防のフードを続ける場合は

動物病院にて定期的にチェック

してもらいながら、フードを継続

することが重要です。

 

 

膀胱結石/シュウ酸カルシウム/かく動物病院/京都府京都市左京区

膀胱結石のフード管理について

今回はストルバイト結石に対するフードの種類について。

ストルバイト結石は尿がアルカリ性の際に産生されます。

そのため尿を酸性にするフードを給餌します。

サイエンスダイエットのc/dや

17416_1

ロイヤルカナンのPHコントロール、

rcdd013-1ph_1

ドクターズケアのストルバイトケア

11726485

など各メーカーからフードがでています。

どのフードでも給餌後にストルバイト結晶が

コントロールできているか再度

尿検査を行い、適切なフードを

決定してください。

膀胱炎を起こしている際の尿検査では

一次的にストルバイト結晶が析出

していることもありますので、

結晶が見つかった際に、

膀胱炎を起こしていたのであれば

症状が落ち着いたのちにフードを

継続するべきか再評価しましょう。

 

膀胱結石/ストルバイト/かく動物病院/京都府京都市左京区

 

 

 

膀胱結石

今回は膀胱結石について。

尿を作り排出する尿路系の結石には腎結石、

尿管結石、膀胱結石、尿道結石があり、

最も発生頻度が高いのが膀胱結石です。

膀胱結石の症状としては、

少量頻回尿や血尿といった膀胱炎と同じ症状や、

排尿時に痛みを伴うことがありますが、

全く症状を示さないことも多いので注意が必要です。

unnamed-0001-2

原因は膀胱炎や尿のpHに関係して生じます。

結石の種類としてはストルバイト結石が最も多く、

続いてシュウ酸カルシウム結石が多いです。

産生される結石は尿pHがアルカリ性でストルバイト、

酸性でシュウ酸カルシウムができてしまうので、

酸性、アルカリ性どちらがいい訳でもありません。

定期的な尿検査において、尿中に結晶がでていないか、

また膀胱炎を起こしやすい子では、結石になっていないか

レントゲンや超音波検査で確認する必要があります。

%e3%82%a8%e3%82%b3%e3%83%bc2

予防としては尿のpHが食事と関係しているため、

適切なフードを与えることが重要です。

 

 

膀胱結石/膀胱炎/かく動物病院/京都府京都市左京区

フィラリア薬について

少し肌寒い季節になってきました。

寒くなるとどうしても忘れがちに

なってしまうのが・・・フィラリアの薬。

フィラリアの薬は、感染後体内で少し成長した

虫を駆除するお薬で、そのタイミングは一カ月です。

したがって蚊がいる期間より一カ月遅れて

投与する必要があります。

image_sick_08f

蚊がいなくなって一か月後まで

飲ませることが重要ですので、

最後までしっかり投与してあげてください。

 

フィラリア/フィラリア薬投与期間/かく動物病院/京都府京都市左京区