チョコレート中毒

現在中毒の事故で最も多い

“チョコレート中毒”

チョコレートに含まれるテオブロミン、

カフェインの摂取による中毒症状を示します。

カカオの含有量によって中毒のリスクが

高まり、最近流行のカカオ含有の高い

チョコレートは特に危険です。

症状は興奮、頻脈であり、場合によっては

死亡することも多くあります。

食べてしまった場合は

すぐに吐かせる処置が必要ですので

急いでご来院ください。

チョコレートを家に置かないくらいの

注意が必要です。

 

チョコレート中毒/京都市/左京区/かく動物病院