犬ジアルジア症

今回はジアルジア症について。

成犬ではまず症状が出ることは

ありませんが、免疫力の弱い子犬では

しばしば下痢などの消化器症状を示します。

通常の検便では検出されることが少なく

ELISA法のキットによって診断します。

子犬の30%程度が感染しており

他の回虫などの寄生虫よりも高い感染率です。

感染していても無症状であることもあり

環境変化などにより症状を示すこともあり、

子犬では通常の検便とともに検査

することをお勧めしています。

 

ジアルジア症/下痢/子犬/かく動物病院/京都市左京区