胃拡張捻転症候群

今回は『胃拡張捻転症候群』

急性な胃の拡張とねじれにより

食後すぐに吐き気やヨダレの症状があり

お腹の異常な膨れが起こります。

救急的に処置が必要であり、

虚脱やショック状態に陥り、

命に関わる病気です。

食後の激しい運動や多食、早食いによって

リスクがあがります。

特に大型犬に多い病気ですので、

食事回数をこまめにして、一度にたくさん

食べたり、お散歩前にご飯を与えたり

しないよう注意してください。

 

胃拡張捻転症候群/犬/胃腸症状/かく動物病院/京都府京都市左京区