マダニ予防の重要性について

急に暖かくなり、マダニの活動が

活発になり、マダニの被害が広がっています。

madani03メリアルジャパンより

ほとんどの薬がノミと一緒にできることもあり、

予防の重要性がノミと同等と思われがちなマダニですが、

実際には重要度にはずいぶん差があると考えています。

実際京都にいるマダニには『バベシア』という

寄生虫がいることがあり、マダニに咬まれることにより

バベシアに感染すると、貧血や発熱といった症状があり、

死亡してしまうことがある怖い病気です。

また犬、猫がマダニを家に持ち帰ることにより

人がマダニに咬まれてしまうこともあります。

マダニは『SFTS重症熱性血小板減少症候群』といった

新しい病気や、その他にも『日本紅斑熱』

『ライム病』『ダニ脳炎』などの病気を媒介します。

この中には人の命に関わる病気があり、

また海外ではこれ以外にもたくさん病気があり、

国内に入ってくる可能性も指摘されています。

結構怖いマダニ被害・・・。

犬だけでなく、人にも病気のリスクがあるマダニ、

しっかりマダニ予防をしてあげてください。

 

マダニ/SFTS/日本紅斑熱/ライム病/かく動物病院/京都府京都市左京区