拡張型心筋症

今回は犬の「拡張型心筋症」(DCM)について。

拡張型心筋症は大型犬に多く、中高齢で

発生が多くみられるが、比較的若齢でも

発生することがあります。

特にドーベルマン、ボクサーでは非常に

多く発生します。

症状は元気消失、咳、呼吸困難といった

一般的な心臓病の症状を示し、

突然死することもあります。

心雑音が必ず発生する病気ではないので

診断には超音波検査を実施します。

超音波検査では心室の拡張と心臓の

収縮力の低下が確認されます。

散歩時に息苦しそうにする、

疲れやすいといった症状がある場合は

まずご相談ください。