犬の僧帽弁閉鎖不全症

今回は犬の僧帽弁閉鎖不全症(MR)について。

僧帽弁閉鎖不全症はシニアの小型犬において

最も多い心臓病です。

僧帽弁は左心房と左心室の間にあり、

心臓の拡張時に開き、収縮時に閉じることにより

血液の心房側への逆流を防いでいます。

僧帽弁閉鎖不全症は

僧帽弁の粘液種様変性により、弁尖の肥厚、

腱索の伸長や断裂を起こし、全身に送られるはずの

血液が左心房に逆流します。

逆流により聴診において心雑音が確認されますが、

初期には目立った症状はありません。

病気が進行することにより心臓の代償機構が

働かなくなり、疲れやすくなる運動不耐性といった

症状がでてきます。

さらに進行すると、心拡大によって気管を圧迫し

咳が出るようになり、左心房と肺でのうっ血が

ひどくなると、肺水腫によって激しい咳と

呼吸困難を引き起こし、命に関わる危険な状態になります。

高齢の犬、猫での咳は単純な風邪などの呼吸器症状

ではないことが多いので、すぐにご相談ください。