猫ヘルペスウイルス感染症

今回は猫のヘルペスウイルス感染について。

猫のヘルペスウイルスは最も一般的な

猫の風邪で、目ヤニ、くしゃみ、鼻水の

症状を示すウイルス感染です。

つまり猫の場合、結膜炎による目ヤニは

風邪の症状であることが多いのが特徴です。

一度感染するとウイルスを一生保有し、

季節の変わり目などストレスがかかると

再発を繰り返すことが多いです。

治療としてはネブライザーやインターフェロン療法、

内服を組み合わせて行います。

慢性化すると治らないこともあるため、

早期にしっかり治療してあげてください。

 

ヘルペスウイルス/猫/結膜炎/ネブライザー/かく動物病院/京都府京都市左京区