甲状腺機能低下症

甲状腺ではホルモンを作ります。

甲状腺ホルモンは活動性を高めるホルモンで

主に “やる気” に関与しています。

甲状腺が炎症や萎縮によって機能が低下すると

甲状腺ホルモンが少なくなり、

甲状腺機能低下症となります。

無気力、よく寝る、元気がない、

湿疹や脱毛といった皮膚症状などを起こします。

診断はT4、fT4、TSHといった

ホルモンの測定により行います。

中高齢の犬に多い病気ですので、

健康診断でホルモンを測定することも

非常に有用です。

 

甲状腺機能低下症/T4/fT4/TSH/かく動物病院/京都府京都市左京区