マラセチア性皮膚炎

今回はマラセチア性皮膚炎について。

マラセチアはもともと皮膚表面に常在している

酵母様真菌です。

特に犬の外耳道や皮膚に多く見られます。

このカビが皮膚の脂質をエサに繁殖し、

痒みや発赤を示す皮膚炎をおこします。

病変は口周りや、脇、足先、股の間など、

脂の分泌の多い場所でおこり、

シーズーやチワワ、ダックスなど

比較的脂の多い犬種において

暖かくジメジメした季節によく発症します。

症状がひどくなってくると、写真のように

象のような皮膚になる苔癬化や、

脱毛、皮膚が黒くなる色素沈着が見られます。

img_5225

img_5226

脂の分泌の多い季節には

マラセチアの増殖を抑えるため

適切なスキンケアが必要です。

 

 

マラセチア性皮膚炎/マラセチア/皮膚/犬/かく動物病院/京都府京都市左京区